NCVCの作者のページ

Zumo Zumo32U4 XBee

Zumo32U4 を XBee でリモートコントロール

はじめに

 赤外線通信が予想通りイマイチだったので,Arduino XBee シールドを購入し試作してみました. ボタン類は赤外線リモコンの試作品を流用しています.

試作回路

 基板には TAKACHI TNF53-79 を使用しています.Zumo32U4 の筐体サイズにピッタリな両面基板です. 試作回路というほどではないですが 3.3V と GND, XBee の DIN を Zumo の TX1(D1:PD3) へ,XBee の DOUT を Zumo の RX1(D0:PD2) へつなぐだけです.
 写真を撮ったあとに気が付いたのですが,Arduino(Zumo)の信号レベルが 5V なので,そのまま XBee に接続すると, XBee が壊れる可能性があります. 今回は Zumo から見て受信しか使用しないので,TX ライン(写真の黄色線)を外しました. Xee の DOUT(3.3V)から Arduino の RX への信号伝達では問題ないだろうと判断しています. Arduino 側からの送信(TX)も利用する場合は,XBee の DIN に入れる際に,2/3 に分圧するか 簡易的に 10kΩ ほどの抵抗を直列に入れるかの対処が必要と思われます.

送信プログラム

 赤外線通信のボタンを再利用しているので,IOピンもそのままです. ついでに送信データもそのまま使いました.

SendXBee_UNO.ino

受信プログラム

 Serial1 で通信を行います.Serial でないことにご注意ください.

RecvXBee_Zumo.ino

試してみた感想

 赤外線通信ではイマイチでしたが,XBee では予想通り良好な通信環境が得られました. X-CTU の通信設定と合わせれば簡単に送受信可能です.

<< 前のページに戻る